再生困難な廃プラスチック・古紙を新エネルギーに転換

~資源の有効利用と地球環境の保全に貢献します~

 株式会社 関商店は廃棄物の中でも紙の原料としてリサイクルが困難な古紙類、マテリアルリサイクルが困難な廃プラスチック類について、長年培ってきた経験と高度な最新技術を駆使し、新エネルギー“RPF”(固形燃料)の製造、操業技術を確立しました。そして、平成3年には国内第1号のRPF専門製造工場を群馬県館林市に建設し、平成9年には通産省(現経産省)より「新エネルギー法」に基づく我が国初の事業認定を受け、以来茨城県に日本最大級のRPF製造工場を建設するなど、本格的に事業の拡充を図って参りました。現在は、千葉県にある生産子会社(株)エコ・マイニングとあわせ、年間10数万トンを超えるRPFを化石燃料代替としてユーザーに安定供給しております。
 関商店は、原料収集からRPF製造、そして燃料の安定供給まで含めた一貫した新エネルギー事業を展開する中で、資源の有効利用と地球環境保全に貢献するRPFの『リーディングカンパニーとして着実に歩んでまいります。今後とも、皆様の変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社 関商店
代表取締役 関 勝四郎

会社概要

名 称 株式会社 関商店
所在地 〒346-0003
埼玉県久喜市久喜中央1-5-32 ツジヤビル2F
本社住所(登記上) 埼玉県久喜市久喜中央1-10-11
代表取締役社長 関 勝四郎


事業概要

業務内容 各種産業廃棄物の収集・運搬及び処理
新型固形燃料RPFの製造販売
製鋼・製紙原料の売買
環境プラント販売
許認可 一般廃棄物処理施設設置許可
産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物処分業(中間処理施設)
資本金 4,900万円


沿 革

1939年(昭和14年) 創 業
1979年(昭和54年) 株式会社に改組
1991年(平成3年) 日本初のRPF工場である館林工場の稼働を開始
1995年(平成7年) 財団法人クリーンジャパンセンターより環境貢献企業の表彰を受賞
1997年(平成9年) 通産省より「新エネルギー法」に基づく事業認定の第1号を受領
1999年(平成11年) 石川島播磨重工業(株)と合弁で知多イー・アンド・エム(株)設立
2000年(平成12年) 埼玉工場を茨城工場に集約し、生産能力を増強
2000年(平成12年) 容器包装リサイクル協会・再生処理事業者登録(紙製容器包装)
2001年(平成13年) 松﨑商事(株)と提携して松﨑商事岸和田S・R事業所(RPFの製造・販売事業)を立上げ
2002年(平成14年) 川崎重工業(株)との合弁で(株)エコ・マイニング設立
2003年(平成15年) 上越マテリアル(株)と業務提携、新潟県にRPFの製造・販売事業を立上げ
茨城県知事より「リサイクル優良事業所」の表彰受賞
財団法人日本ロジスティクスシステム協会より「ロジスティクス大賞技術賞」受賞
2004年(平成16年) 茨城第2工場を建設し、生産能力を倍増。国内最大級のRPF製造工場として稼働開始
2005年(平成17年) 合弁会社(株)エコ・マイニングの全株式取得により100%子会社化
2006年(平成18年) ISO14001 茨城工場にて認証取得〈JICQA No.E-1302〉
2008年(平成20年) サテライト集荷拠点として東京都大田区京浜島に東京事業所を竣工
2011年(平成23年) 茨城第2工場を対象にRPFのJIS規格Z7311認証取得
(認証番号IQ311006)
2013年(平成25年) 茨城工場に太陽光発電設備(年間27万kwh)設置。発電開始
2014年(平成26年) 環境大臣より東日本大震災における災害廃棄物処理支援活動の感謝状受領
館林工場RPF設備全面リニューアル
2016年(平成28年) 優良産廃処理業者認定取得(茨城県:処分・収集運搬)