再生困難な廃プラスチック・古紙を新エネルギーに転換

当社RPF品質基準の一例

1.原料

マテリアルリサイクルが不可能とされる古紙。塩ビ系を除く廃棄熱可塑性樹脂品。
木くず、繊維くず等の適合可燃性廃棄物を含むことあり。

2.形状及び寸法

形状は、ほぼ円柱形とし、直径6~60mm及び長さ10~100mmとする。
ただし、受渡当事者間の協定がある場合は、これ以外の形状及び寸法のものでもよい。

3.カサ密度

0.25~0.60g/㎤(JIS Z 7302-9)

4.品質

項目 石炭相当品品質基準 コークス相当品品質基準 測定方法
高位発熱量(気乾ベース) 6,000kcal/kg以上 8,000kcal/kg以上 JIS Z 7302-2
水分(気乾ベース) 3.0%以下 1.0%以下 JIS Z 7302-3
灰分(気乾ベース) 7.0%以下 5.0%以下 JIS Z 7302-4
全塩素(無水ベース) 0.3%以下 0.2%以下 JIS Z 7302-6
硫黄(無水ベース) 0.2%以下 0.2%以下 JIS Z 7302-7
窒素(無水ベース) 0.5%以下 0.5%以下 JIS Z 7302-8

(平成16年3月 日本RPF工業会制定)
・試料のサンプリングはJIS Z 7302-1に準じる。
・品質基準値は連続する6回の分析平均値とする。
・分析頻度については、受渡当事者間で取決めるものとする。

5.その他

不燃物、有害物質及び貴金属類など燃料不適物は混入しないものとする。
詳細は、受渡当事者間で取決めるものとする。

RPFのJIS規格が制定

当社も参画し、RPFのJISが制定されました。
番号:JIS Z7311:2010 対象:「廃棄物由来の紙、プラスチックなど固形化燃料(RPF)」
「Refuse derived paper and plastics densified fuel」
制定年月日:平成22年1月20日